ロス男のFX飛躍日記

負組のロス男が専業トレーダーを目指す
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今週のユロドル 2/16(土)

        ”ポチっと応援お願いします!!”
==================================================================
   ★★★ 週末特集「損切り実践(その1)」明日掲載 ★★★
●10:00
今朝終わりのユロドル15分足です。
先週のECB政策金利の時にドラギ発言に始まった為替戦争のため1.33台
からスタートした今週のユロドルですが、水曜日には1.35台を付けたもの
の後が続かず、木曜日には示し合わせたようなGDP全滅で1.33台で終了。
G20の方では昨夜からニュースが流れているように要人発言の多くが円売り
をサポートしているようですが、最終的な声明を要確認です。
ということで週明けは円の動向が気になるのですが、ユロドルに関してはいい
話題が出ないとさえない値動きになるかもです。円売りの関係でユロ円買いと
ドル買いの流れもあろうかと・・・明けてのお楽しみです。
とりあえずは、3365付近まで上げての終了です。
(はみ出してます。ダブルクリックして見てください)
20130216_01_01.jpg

今朝終わりの5分足はこんな感じ。ちまちまやってました。
20130216_01_02.jpg

ユロドル日足です。
レートは1月初旬ころに戻っています。サポートラインはまだまだ下です。
高値安値で上げた時、下げた時の節目値を見ておきましょう。
20130216_01_03.jpg

週足です。
+σ付近まで下げてきています。前も書きましたがボリバンが右肩上がりの
時は・・・ですがボリバンが水平になってきました・・・下げる?
20130216_01_04.jpg

月足です。月足平均を割り込んでしましました。月足なのでまだ確定では無い
のですが、今時点では月足平均越えをトライ中ということでしょうか。
20130216_01_05.jpg

とうことで、先々週の躍進は遠くなりにけりです。
実際にやっていると円(ユロ円)の影響もあるのですが、上も下も割に堅い感じ
もあるので指標等に注意して上下の抵抗値を意識して基本レンジ取り、何かあれ
ばトレンド取りと切り替えを良くしてやっていこうかと思っています。
==================================================================
チャート表記やトレードスタイルは、左サイドバーの「特集記事」参照


まだまだ駆け出しですがポチっと応援お願いします
人気ブログランキングへ

はげまし、「おまえあほか」、「私はこうしてる」・・・なんでも結構です、
ご意見くださいね。




[ 2013/02/16 10:00 ] ブログ | TrackBack(0) | Comment(2)
makoto様

投稿ありがとうございます。
非公開の投稿でしたが、内容自体は個人的な問題が無いと思いますので
回答はここで書かせて頂きます。皆で共有したいと思うからです。

> 現在は集計のブログはないと思いますが、1000pips以上を継続されているのでしょうか?

以前病気をしてからそういう記事は書くのをやめました。
いくら勝ったとか、ある意味”客寄せ”のようなことを
敢えてしたいと思っていませんし、
もとより”自分への戒め”として初心忘れずに、
トレーダとしての意識を維持するための日記と言う考えです。
書かない日もありますが書いている日は値動きがどうだったか、
背景のニュースや株・国債の動きなどいつ見ても残っていますからね。
pipsは計算していませんが、実際には専業としてやっていますので。

> 私自身のことをお話しますと、恥ずかしながらまだトレードスタイルができていなくロスカットになってしまうことが多くあります。

恥ずかしくは無いですよ。FXする人の大半が大負けして
そこからどうするのか考え出すようです。私もそうですから。

スタイルというのはある程度やらないと出来ては来ない物です。
意識はしている方が良いですが。
たとえばテニスを始めたとして、教わっている段階では
講師の言うことを聞いてやりますが、
強くなるに従い何かしら自分流の打ち方とか出来てきますよね。
そういうものだと思います。
恐らくは”勝ちトレード”を追求していると自ずと出来てくるもの
ではないでしょうか。

ロスカットはスタイルとは関係なく、マイナス建て玉を長く引っ張るからです。
私もはじめは損切り出来ない時期があり何度も経験しています。

> レバレッジやエントリーポイントのお話などよろしければロス男様よりご意見お聞きしたいと思いコメントをさせて頂きました。

「レバレッジ」というと個人は25倍、
法人は以前どおりですので100倍や400倍もあるのでしょうね。
個人的には同じ資金で枚数をたくさん入れれますから
ハイレバの方が私はいいです。
ユロドル1枚エントリーするのに今は4万円くらいの証拠金が要りますが、
以前のハイレバなら4000円ですから、
10倍エントリー可能ですよね。そういう意味でハイレバがいいです。
また、1枚でする人なら、資金が5万円必要か5000円で出来るのかで
手軽さが違いますよね。
ハイレバで取引可能枚数は増えますが、枚数を増やすかどうかは別問題ですので
ハイレバの方が良いと思います。

最後にエントリーポイントですが、エントリーポイントの話はしやすいし、
注目度も高いかと思います。
が、それだけ知っても勝てるとは限らないということを知るべきです。

為替の値動きは同じように見えても”先のことはわからない”と思います。
MACDでゴールデンクロスした、
でも次の瞬間下げ出すなんてことがあって当たり前です。
また、ガンガン上昇していたかと思うと、絶好のショートポイントとなって
急落するとか。よくあります。

私のトレードはイサム式抵抗値トレードが基本です。
ただ回数を増やしたかったので抵抗値を増やしていっただけです。
時間足ボリバン、直近高値安値、一部のMA、トレンドライン(レンジ上下限含む)など。
抵抗値トレードですから上記抵抗値付近で値動きが変わりやすいことを
利用してエントリーします。

話を戻しますが、エントリーはそういう意味では簡単です。
エントリー後逆行したらどうしますか。
また、抵抗値トレードだからといつでもエントリーしていいでしょうか・・・
長くやればやるほどそういうことの大事さがわかります。

「値動きを見る」「毎日のお決まりのイベントを知りその時の値動きの癖を知る」「損切り」
「損切り後の対応」「レンジの判断、取り方、注意点」「トレンドの判断、取り方、注意点」
「トレンド転換の判断」・・・
などなど。
こういったこと全部含めてエントリーを考えないといけないと思います。
当たり前ですがいっぺんにこういうことが身につくわけがないので、
1つ1つ手探りで自分の見方、方法を身につけてゆけば良いのです。
焦ることはないです。

ただ1つ、こういったことを日々自己研鑽するという姿勢を維持できるかどうか
ということだと思います。

私が思うところのエントリーポイントやトレードのこつ、
損切り(最近はご相談が多い)、値動きの見方・・
などは左サイドバーの「特集」からジャンプ出来るようにしていますので
是非参考にしてみてください。

その上でどんなことでもご質問ください。お待ちしていますので。
がんばってくださいね。
[ 2013/02/17 00:07 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/02/16 16:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

ロス男と呼んでください

ロス男

Author:ロス男
私ことロスカットマンは、昨年のサブプライムショックであやうく財産を失いかけたのです。理由は「ロスカット」つまり損切りをしなかったのです。
その後、復活をかけて(資金がないので)デモトレードで研鑽するが、それでも勝てなかったのです。
もんもんとしていたところ、あるブログに巡り会えました。
「イサム」さんです。
イサムさんの研修を受けてわかったのですが、これまでのトレードがいかに甘かったか。
今ではようやく自分の相場感らしきものが持て、勝てるようになりました。
まだまだ、甘い点が多く、戒め、励みとして、自分の相場観をブログにつづろうと思う次第です。

ちょっと一服・・・
ニャ~ン
CATS
Sweets
マウス当てるだけに。 「Sweets」をクリックするとジャンプしちゃいます・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。