ロス男のFX飛躍日記

負組のロス男が専業トレーダーを目指す
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

上昇? 12/21(水)


●11:35追記
ユロドル30分足です。
ユロドルは4時くらいから値動きが小さくなっていましたが、
日経の開始と同時に昨日の上値近くまで上げました。
20111221_02_01.jpg

上は日足の-σで抵抗を受けた形。
今日上げて行くなら、日足-σを越えるかどうかが焦点ですね。
本格的には欧州からだと思うのですが、クリスマス休暇で商い薄・・・

日足的には下図です。
チャート的には日足平均と-2σをチャネル下降してましたが・・・
20111221_02_02.jpg

ついでに、週足的には下図です。
ここしばらくは-σと-2σをチャネル下降してましたが・・・
20111221_02_03.jpg

おまけに、今朝の日経225です。
9時開場で大きく、100円以上上に窓開きでスタートしています。
日経のみならず各市場開場時の窓開きと為替レートは関係しているようです。
20111221_02_04.jpg

●03:35
昨夜からユロドルは1.31台にはいるなど上げていたのですが、
今は下図30分足のように1.30台へ戻しています。

この上昇、夕方時点でポンドルがバリバリと上げて、
少しして後を追うようにユロドルも上げ出しました。

リスク選好に連れ上がりでしょうか、途中スペイン国債入札結果も良く、
独指標も良かったのが上げた理由でしょうか。
欧州株、NYダウ、ダウ先物も上昇です。

20111221_01_01.jpg

5分足です。トレードはこのラインでやってます。
20111221_01_02.jpg

1つ気になるのは先週からニュース等で言われている、
ユロドルのショートがたくさんあるということです。

今日の場合は1.3020にある売りをこなしてから急上昇が始まったのですが
その時点でショートカバーのロングもこの上昇に寄与したのではということです。

ショートカバーのロングであれば上げ止まった時点で精算が入り、
元に戻ることに・・・・
先週金曜もこういう動きがあったのですが、
ただでさえ問題が多いユーロですから上も重いはずです。

そんな、こんなで、この上昇を考えてました。



★チャートは、イサム先生 と合ってますか?
 イサム先生のチャート設定は ⇒ こちら
===============================================================
まだまだ駆け出しですがポチっと応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ

はげまし、「おまえあほか」、「私はこうしてる」・・・なんでも結構です、
ご意見くださいね。


[ 2011/12/21 03:56 ] ブログ | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

ロス男と呼んでください

ロス男

Author:ロス男
私ことロスカットマンは、昨年のサブプライムショックであやうく財産を失いかけたのです。理由は「ロスカット」つまり損切りをしなかったのです。
その後、復活をかけて(資金がないので)デモトレードで研鑽するが、それでも勝てなかったのです。
もんもんとしていたところ、あるブログに巡り会えました。
「イサム」さんです。
イサムさんの研修を受けてわかったのですが、これまでのトレードがいかに甘かったか。
今ではようやく自分の相場感らしきものが持て、勝てるようになりました。
まだまだ、甘い点が多く、戒め、励みとして、自分の相場観をブログにつづろうと思う次第です。

ちょっと一服・・・
ニャ~ン
CATS
Sweets
マウス当てるだけに。 「Sweets」をクリックするとジャンプしちゃいます・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。