ロス男のFX飛躍日記

負組のロス男が専業トレーダーを目指す
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

激動の週の週末です 4/8(金)


●24:10追記
その後です。ロンドンフィックスを迎えて、24時前後から値動きが
始まりました。

ドル円が下げ出して85円を割り込もうとしています。

ポンド円は下図5分足です。
ドル円の下げに合わせて下げ出します。利確精算でしょうか・・
安値付近で反発がありましたが、ドル円の動きに注目です。
ここまでのところ戻し売りばかりしてました。
上げてくるとショート、下げて利確。
上下運動に”ピストン男”になってました。
20110408_05_01.jpg

一方、ユーロドルも下げ出しましたが、ユーロドルらしく上げ戻しています。
こちらも動きに注目です。
20110408_05_02.jpg

●18:05追記
その後です。
17時台に入りストレートが更に上昇です。ドル円は85.2付近で横ばい。
ポンド円は下図5分足です。140台に入るも00値はきつそうでトライを
繰り返しているところ。わくわくです。
今は時間足+2σのラインでサポートです。
20110408_04_01.jpg
ユーロドルも144円台に入るも押さえ込まれようとしています。
こちらもわくわくムード。こちらは00値のレートで抵抗です。
20110408_04_02.jpg

今現在のチャートでは、サポートラインから急落を注意し、
ストップしっかり付けて押し目買いです。
が、この間上げて来ていて週末です。
いつ利確等の調整が入るかもしれないのも事実。
また、ブレーク急上昇などもあるかも。
ストップしっかり付けて勝負です。

●15:20追記
その後です。15時回りましたが値動きに変化無しです。

ポンド円は、下図30分足です。午前の上昇後横ばいレンジが続いています。
上が日足+2σで抵抗を受けているようです。
下げ戻しもなく、上げる力も無く・・・急変が来るのか、
20110408_03_01.jpg
5分足のラインです。
20110408_03_02.jpg

ユーロドルは下図30分足です。
こちらも上げたところで横ばいです。何か良いことあったような状態です。
20110408_03_03.jpg
5分足のラインです。
20110408_03_04.jpg

今から16時にかけて動き出すと思います。
初動に乗らずに少し見ましょうね。すぐに逆になることも多いので。

●13:40追記
先ほどユーロドルが1.44台をつけました。
下図30分足です。
今は割り込んでいますが・・、朝方はドル円も上昇し昨夜の円買いの
売り戻しと思っていましたが、13時回ってからドル円が下げ、ストレート
が上昇、その出だしでユーロドルが1.44台です。
ちなみに掲載していませんがポンドルは1.639でこちらも1.64間近。
ドル円は逆に85割れ寸前。円売りからドル売りに進んでいるのでしょうか?
20110408_02_01.jpg

ちなみに、クロス円はドル円に引っ張られ横ばいか少し下降気味。
ストレートも緩い上昇ですので様子見してます。

15時に向けて値動きな金曜日です・・・・・

●10:30
朝からチャートオン

昨夜のロンドンは乱高下でした。地震も発生で。
「日本の地震、原発事故→円買い」の構図です。
一夜明けての状況です。

ポンド円は下図30分足です。
昨日は下げたのですが東京で上げ戻すパターンです。
朝一はなだらかに下降。今日も下げかなと見ていたのですが、
仲値にかけて急上昇。139円台に戻しています。
まだ得上昇傾向なのでラインから押し目買い方針です。
20110408_01_01.jpg

一方、ユーロドルは下図30分足。
こちらもポン円同様の値動きです。1.43の00値が上値抵抗的
だったのですが、一気に1.43後半まで上げました。
戻しと言うより最高値。ちょうど日足+2σまで上げています。
このレート昨日朝の時間足+2σに近いです。こういうの良くあります。
深夜に夕方の時間足-2σまで下げるとか、指し値とかの影響でしょうか。
20110408_01_02.jpg

ということで今時点で両方とも日足+2σ付近まで上げています。
ドル円は85.3。昨日のドル円は85.45で売りが入りそれ以上は
上げなかったのですが、このあたりも含めてしばらく様子見です。

更に上げるとか、上げたので戻すとか決めずにチャート追従、損小
やります。

[ 2011/04/08 10:57 ] ブログ | TrackBack(0) | Comment(2)
大阪のトレーダー 様

昨年病気してからトレードごとの記事を控えさせてもらって、
今のような記事内容になっています。
書いていることと実際のエントリーのつながりがわかりにくいとは
思うのですが・・・

基本方針が「損小利残」です。
損を減らせば利が残ると言う考えです。
利は求めて得れるものではなく、頂くものと言う感じです。

よく書くのですが一寸先の上げるか下げるか誰にもわからない世界だから
勝つときもあれば負けるときもある。一旦エントリーすると精算しか出来ない。
であればエントリーの精度を上げることと損切りしかできる事はないわけで、
エントリーの精度をあげるといっても一寸先がわからない世界です。
なので、過去の自分のトレードから負けやすいところ、わからない所は避けるのが
唯一できる事、それが「しばらく様子見です。」です。

また、これも先がわからない世界ですからエントリーと逆に値動きすれば
まず損切って、取れそうなら入れ直す。
動いている方に建て玉を持つという自然な発想です。
だから勝てるとかではなく、少なくとも損にはならないと思います。
(何もしないのが損は無いけれど)

裁量で抵抗やトレンドラインを使うのも、チャートからの感じや思い込み
からのエントリーでの負けを減らそうとしてるからです。
チャートからの感じや思い込みでエントリーすることは悪いとは思わないのですが
負けたときに反省および対策の講じようがないのでやってます。

トレンドラインは便利で、エントリータイミングをはかれるだけではなく、
利が減ってきたときに最低の精算ラインにもなります。
ふんぎりつけて精算できます。

全部、「損小」の追求から採用しようと思ってやってます。
トレードは絶対というものが無く同じ場面でロングでもショートでも勝てるし、
負けるし・・ですから自分自分で何か工夫して行くしか無く、自分のやり方が
他の人で有効かどうかもわからないので、とりあえず紹介という気持ちで
記事書いています。
参考になるところあるかもしれないし、これは違うよというところもあると
思います。
ご意見頂けて、意見交換出来れば、と思って書いています。
[ 2011/04/09 18:33 ] [ 編集 ]
よく「しばらく様子見です。」
と書いていらっしゃいますが
これはとても大切なことですよね

自分のわかりやすいときではなくても
何となく入りたいときもありますが
それで損したら余計に悔しいし

わかりやすくなってから入る

間違えたら入りなおす

これがきちんとできたら
損小利大なんですよね

間違えたとき
あわてて逃げ出せるようにはなりましたが
ユーロドルなら
すぐ入りなおしたらいいんですよね

まだ入りそびれて見てるだけが多いですが
だいぶわかって来ました

「更に上げるとか、上げたので戻すとか決めずにチャート追従、損小でやります。」

ユーロドルは動き出すと止まらないときありますね
そういうときもうこれくらいで反転って思うと
とんでもないことになります

流れに沿ったトレード
もっとうまくできるように
ブログ参考にさせていただきます
[ 2011/04/09 13:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

ロス男と呼んでください

ロス男

Author:ロス男
私ことロスカットマンは、昨年のサブプライムショックであやうく財産を失いかけたのです。理由は「ロスカット」つまり損切りをしなかったのです。
その後、復活をかけて(資金がないので)デモトレードで研鑽するが、それでも勝てなかったのです。
もんもんとしていたところ、あるブログに巡り会えました。
「イサム」さんです。
イサムさんの研修を受けてわかったのですが、これまでのトレードがいかに甘かったか。
今ではようやく自分の相場感らしきものが持て、勝てるようになりました。
まだまだ、甘い点が多く、戒め、励みとして、自分の相場観をブログにつづろうと思う次第です。

ちょっと一服・・・
ニャ~ン
CATS
Sweets
マウス当てるだけに。 「Sweets」をクリックするとジャンプしちゃいます・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。