ロス男のFX飛躍日記

負組のロス男が専業トレーダーを目指す
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドルという通貨 2/2(水)


●21:30追記
現時点でユロドルは1.38を割り込んで下げています。上昇時止まったところ
で下げるときも律儀に止まることが多いので、時間足でレートを拾って見ました。

20110202_01.jpg
このとおり止まるかはさだかではありませんが、1.379で1回反発しています。

●19:35
今年に入ってからユーロドルのチャートを結構見ています。
昨年まではドル円の動きのチェックのため5分足を小さく出していただけで、
抵抗値の検討やましてエントリーなどしようと思ったこともなかったのでした。
で、なんとなく思っていたのですが、値動きが、つまりチャートがきれいと
いうことです。
山谷が結構丸みを帯びることが多いからと思います。

それで年明けから他のチャートと同じ大きさに昇格させて見ていました。
今日までで気がついたことを書きます。
①まず、値動きが大きく早い。以前のポンド円
 のように良く動きます。
 1分足でもポン円より値動きが大きい波の場合が多いです。

②山谷が丸くなることが多く、転換がわかりやすい。ポン円では精算時少し
 戻して終わっていましたが、ユロドルでは丸みの頂点で終われば良いのです。

③英国、米国の指標でポンドドルやドル円が大きく動いてもあまり影響されて
 いない。悠然と動いている。

④東京時間、ロンドン、NYと動きに違いがあり、それぞれわかりやすい。

⑤世界的なファンダメンタルで動いているような感じがし、その週の動き
 などわかりやすい。
 ロンドン時間開始後のいろんな急な動きもあまり感じられない。

⑥スプレッドが1と小さくポン円と比べようもない。特にスキャルでは効果大。

⑦レートの抵抗を良く守る。上昇から下降に移るときに、上昇時止まった
 ところで下降時もかならず止まる。

⑧トレンドに入ると継続する。


こういった点が感じられます。それも素直に。これが一番です。
理屈より素直に受け入れられるのです。
ずっと昔から知っているような・・何かしら安心感

で、そろそろトレードをと考えています。ポン円でやっていたようなスパン
であれば、値動きと早さから1分足でも同じ事が出来そうです。

ポン円はやめないですが、吹き上げたときなどにして、
ちょこちょこはユロドルでやろうかな、って思っています。
[ 2011/02/02 19:58 ] ブログ | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

ロス男と呼んでください

ロス男

Author:ロス男
私ことロスカットマンは、昨年のサブプライムショックであやうく財産を失いかけたのです。理由は「ロスカット」つまり損切りをしなかったのです。
その後、復活をかけて(資金がないので)デモトレードで研鑽するが、それでも勝てなかったのです。
もんもんとしていたところ、あるブログに巡り会えました。
「イサム」さんです。
イサムさんの研修を受けてわかったのですが、これまでのトレードがいかに甘かったか。
今ではようやく自分の相場感らしきものが持て、勝てるようになりました。
まだまだ、甘い点が多く、戒め、励みとして、自分の相場観をブログにつづろうと思う次第です。

ちょっと一服・・・
ニャ~ン
CATS
Sweets
マウス当てるだけに。 「Sweets」をクリックするとジャンプしちゃいます・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。