ロス男のFX飛躍日記

負組のロス男が専業トレーダーを目指す
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日から明日へのニュースコメント抜粋(自分用)

        ”ポチっと応援お願いします!!”
==================================================================
●自分用ですので内容については各自でお調べください。
●2014/02/08 01:00米雇用統計は弱い内容、ドル売りで反応も限定的
今週のマーケットの一番の注目であった米1月雇用統計は非農業部門雇用者数(NFP)が18.0万人増の市場予想に対し11.3万人増と大幅に下回る結果となる一方、失業率は6.6%と市場予想比で好結果となった。記録的な寒波の影響といった部分の大きい今回のNFPの結果だが、発表後はマーケットはドル売りで反応し、ドル円は下落、ドルストレートは上昇する運びとなった。
ただ、証券系ストラテジストから「NFPが10万人増を下回り、前月のような失望とならないことが直近強まってきたリスク選好回復の持続の有無のカギを握る」との見解もあったように、10万人の大台については割り込まなかったことも意識されてか、ドル売りは限定的なものにとどまるとドル円・ドルストレートは発表前の水準まで戻すこととなった。

●2014/02/07 23:52NYオープン−続伸、弱い米雇用統計を受けた反応は堅調なものに
 米株は続伸スタート。米1月雇用統計は非農業部門雇用者数(NFP)が市場予想の18.0万人増を大幅に下回る11.3万人増となる一方で、失業率は6.6%となり市場予想の6.7%を下回る好結果となった。
強弱まちまちの結果となるなかで米株の反応を見極めたいとの見方も台頭するなかではあったが、NFPの弱さから米連邦準備制度理事会(FRB)による緩和政策の継続が意識された可能性もあり、米株にとっては好材料となることから買いが先行した部分もありそうだ。また米債が米雇用統計後に売りが進んだ後に反発している状況も米株を後押しする要因となっている。
==================================================================
チャート表記やトレードスタイルは、左サイドバーの「特集記事」参照


まだまだ駆け出しですがポチっと応援お願いします
人気ブログランキングへ

はげまし、「おまえあほか」、「私はこうしてる」・・・なんでも結構です、
ご意見くださいね。




[ 2009/01/01 01:20 ] 特集 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

ロス男と呼んでください

ロス男

Author:ロス男
私ことロスカットマンは、昨年のサブプライムショックであやうく財産を失いかけたのです。理由は「ロスカット」つまり損切りをしなかったのです。
その後、復活をかけて(資金がないので)デモトレードで研鑽するが、それでも勝てなかったのです。
もんもんとしていたところ、あるブログに巡り会えました。
「イサム」さんです。
イサムさんの研修を受けてわかったのですが、これまでのトレードがいかに甘かったか。
今ではようやく自分の相場感らしきものが持て、勝てるようになりました。
まだまだ、甘い点が多く、戒め、励みとして、自分の相場観をブログにつづろうと思う次第です。

ちょっと一服・・・
ニャ~ン
CATS
Sweets
マウス当てるだけに。 「Sweets」をクリックするとジャンプしちゃいます・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。